HOME | インタビュー

File.1
霜鳥 裕一

業務部運輸課 係長
平成19年入社
先日行われた大谷清運(株)創立55周年記念式典では、
『真心込めて愛ある丁寧な仕事大賞
 ベストオブOTANIマン&OTANIエンジェル』に選ばれました。

記念すべき第一回インタビューは、運輸課の頼れるアニキ霜鳥係長(不惑)です!パチパチ。
 

霜鳥さんは、大谷清運で毎日どんな仕事をしていますか?
  • 主に配車(*1)だね。営業さんが取ってきてくれた粗大ごみのスポット(*2)とか。 
  • 今月の配車なら先月の中旬位迄には一度組むんだけど、現場の人が休みになっちゃう時もあるでしょ。そんな時は入れ替えをしたりね。

配車の際に大事にしていることは何ですか。

  • 働いている現場の人達の力量をよく見て、適材適所に配置すること。大型とか中型とか免許もかかってくるし、経験のあるなしもある。うーん、あとは人間関係 

人間関係…。

  • 人間同士だから、相性だったり、ああしてほしい、こうしてほしい、て要望があがってきたりね。

霜鳥さんのところへ直談判に来るんですか

  • みんなが自分のとこに来るわけじゃないんだよね。班長さん(*3)とか先輩らがいるんで、そこで情報をつかんでくれていて。あそこちょっと上手くいってないよ、とか。どこそこは定期回収(*4)の量が多いから、違うコースに振った方がいいんじゃないかとか。そこでどうするか、班長さんと現場の人とみんなで相談してね。
記念すべき第一回インタビューは、運輸課の頼れるアニキ霜鳥係長(不惑)です!パチパチ。
 

霜鳥さんは、大谷清運で毎日どんな仕事をしていますか?
  • 主に配車(*1)だね。営業さんが取ってきてくれた粗大ごみのスポット(*2)とか。 
  • 今月の配車なら先月の中旬位迄には一度組むんだけど、現場の人が休みになっちゃう時もあるでしょ。そんな時は入れ替えをしたりね。

配車の際に大事にしていることは何ですか。

  • 働いている現場の人達の力量をよく見て、適材適所に配置すること。大型とか中型とか免許もかかってくるし、経験のあるなしもある。うーん、あとは人間関係 

人間関係…。

  • 人間同士だから、相性だったり、ああしてほしい、こうしてほしい、て要望があがってきたりね。

霜鳥さんのところへ直談判に来るんですか

  • みんなが自分のとこに来るわけじゃないんだよね。班長さん(*3)とか先輩らがいるんで、そこで情報をつかんでくれていて。あそこちょっと上手くいってないよ、とか。どこそこは定期回収(*4)の量が多いから、違うコースに振った方がいいんじゃないかとか。そこでどうするか、班長さんと現場の人とみんなで相談してね。


大谷に入社する切っ掛けってどんなことでしたか?

  • すぐ仕事辞めちゃう人だったの、大谷に入る前。半年くらいですぐ辞めちゃう。

ええー。

  • そしたらウチの女性陣がね、母親と奥さんが大谷清運見つけてきて、面接してきなさいって。で、大谷清運からは、本人は面接にいつ来るんだ、って。

え??

  • 女性陣がグルになって、俺抜きで面接の話まとめてきちゃった。その頃、廃タイヤの仕事やってたの。給料安かったんだけど、仕事自体は筋トレみたいで好きで。でも子どももいたし、社会保険も何もなかったから。

うーん。それは奥さんとしては不安…。

  • で、面接で話を聞いたら、中間処理もやってるって言うから、すっげーなって。その時27歳か28歳で今年40歳だから、10年以上経ったね。

そんなに長く同じところに勤めたのは初めて?

  • うん。入った時に思ったことがある。みんな、人がいいなと思った。だから辞めなかったんじゃないかな。
    あとね、こうしたい、ああしたい、てことを社長がどんどんやらせてくれたし、色んな仕事を任せてくれた。その頃色んな動きが出てきてね。

自分の意見を通すことができて、実際に思ったこともできた?

  • 今も、そういう会社の姿勢は変わってないと思うよ。


大谷に入社する切っ掛けってどんなことでしたか?

  • すぐ仕事辞めちゃう人だったの、大谷に入る前。半年くらいですぐ辞めちゃう。

ええー。

  • そしたらウチの女性陣がね、母親と奥さんが大谷清運見つけてきて、面接してきなさいって。で、大谷清運からは、本人は面接にいつ来るんだ、って。

え??

  • 女性陣がグルになって、俺抜きで面接の話まとめてきちゃった。その頃、廃タイヤの仕事やってたの。給料安かったんだけど、仕事自体は筋トレみたいで好きで。でも子どももいたし、社会保険も何もなかったから。

うーん。それは奥さんとしては不安…。

  • で、面接で話を聞いたら、中間処理もやってるって言うから、すっげーなって。その時27歳か28歳で今年40歳だから、10年以上経ったね。

そんなに長く同じところに勤めたのは初めて?

  • うん。入った時に思ったことがある。みんな、人がいいなと思った。だから辞めなかったんじゃないかな。
    あとね、こうしたい、ああしたい、てことを社長がどんどんやらせてくれたし、色んな仕事を任せてくれた。その頃色んな動きが出てきてね。

自分の意見を通すことができて、実際に思ったこともできた?

  • 今も、そういう会社の姿勢は変わってないと思うよ。


今までで一番思い出深い仕事を教えてください。

  • 行政回収のペットボトル!立ち上げから関わって、一ヶ所も集積所知らないところから始めたからね。そこで一緒に働いて、残っている人達が今の班長さん達。だから、同じ苦労をしてるから、どっちが係長がわからない感じだよね(笑)

(笑)

  • あの仕事は大谷としてもでかかったんじゃない?今でも、社長すげーと思うもん。これだけのことやったら、現場は絶対ミスできないと思った。みんなで軌道にのるまで、朝から晩まで地図作って。仲間がいなきゃ乗り越えられなかったね、こればっかりは。班長さんだけじゃなく、会社全体だよね。だって、社長が痩せちゃったんだよ?

ええ、社長が?

  • 俺聞いちゃったもん。大丈夫ですかって。社長が外に話にいかなきゃいけない時にね。そしたら、『私、口では負けないから』って。だから、『わかりました、自分、体張ります』って答えたよ。

キツイ時期をやり抜くことができたのって、どういうことが頭にありました?

  • やるしかない。使命感って言ったら大げさだけど、軌道に乗せるしかない。他社にこの仕事を取られたくないし、ホラできなかっただろってことも言われたくない。区民に迷惑をかける訳にもいかないでしょ。でも、まだまだ知らないことも多くてね。当時の顧問にしょっちゅう『お前はバカか』って言われて。でも、『お前は致命的なバカではない』って言われたのは嬉しかったね。

へええー。

  • キツイ事言う人だったけど、現場には超優しいんだよね。『お前が諦めたら、みんなはどうするんだ』って言われたんだもん、俺。諦めようとした時に。『わかってないのはお前だ』って言って。俺は上の人に恵まれたと思う。ちゃんと教えてくれる人達に今も囲まれてね。先輩達がいる、人生の。


今までで一番思い出深い仕事を教えてください。

  • 行政回収のペットボトル!立ち上げから関わって、一ヶ所も集積所知らないところから始めたからね。そこで一緒に働いて、残っている人達が今の班長さん達。だから、同じ苦労をしてるから、どっちが係長がわからない感じだよね(笑)

(笑)

  • あの仕事は大谷としてもでかかったんじゃない?今でも、社長すげーと思うもん。これだけのことやったら、現場は絶対ミスできないと思った。みんなで軌道にのるまで、朝から晩まで地図作って。仲間がいなきゃ乗り越えられなかったね、こればっかりは。班長さんだけじゃなく、会社全体だよね。だって、社長が痩せちゃったんだよ?

ええ、社長が?

  • 俺聞いちゃったもん。大丈夫ですかって。社長が外に話にいかなきゃいけない時にね。そしたら、『私、口では負けないから』って。だから、『わかりました、自分、体張ります』って答えたよ。

キツイ時期をやり抜くことができたのって、どういうことが頭にありました?

  • やるしかない。使命感って言ったら大げさだけど、軌道に乗せるしかない。他社にこの仕事を取られたくないし、ホラできなかっただろってことも言われたくない。区民に迷惑をかける訳にもいかないでしょ。でも、まだまだ知らないことも多くてね。当時の顧問にしょっちゅう『お前はバカか』って言われて。でも、『お前は致命的なバカではない』って言われたのは嬉しかったね。

へええー。

  • キツイ事言う人だったけど、現場には超優しいんだよね。『お前が諦めたら、みんなはどうするんだ』って言われたんだもん、俺。諦めようとした時に。『わかってないのはお前だ』って言って。俺は上の人に恵まれたと思う。ちゃんと教えてくれる人達に今も囲まれてね。先輩達がいる、人生の。

“北風と太陽”の太陽になる。

━これから大谷でどんな風に働いていくか、イメージを持っていますか?

  • 難しいなあ…。

やりたいことをどんどん社長がやらせてくれた、ていうお話しがあったけれど、
 

今も、よし、あれやろう、社長に話しちゃおうとか…

  • その時に思う。ない?スイッチ入っちゃう時って(笑)やっちゃえって(笑)

あ、長期的にというより、ボンっと何か沸き上がってきて(笑)

  • 細かいことはね、いっぱいある。実務的なことでね。

現場を見ているから気付くことなんでしょうね。

  • 何の根拠もないよ。俺のカン(笑)。でも、社長や専務にも伝えてるよ。これからRE-BORNとかの施設をもっと充実させたらいいなって思うし。

運輸課はRE-BORNへの搬入も毎日ありますもんね。
 運輸課、そして運輸課の中の霜鳥さんということについては、どんなことを思っていますか。

  • そうだね。例えば、霜鳥に迷惑かけたくないから事故は起こさないって思ってもらえる位にこっちがしっかりしてれば、良い運輸課なんじゃないかなって思う。そういう、仲間から信頼される管理職がいないと。

先ずは管理職である自分達の質を上げていく。

  • そうそう。現場の人達のほとんどは、みんなもうちゃんとできてるもん。自分達管理職がちゃんとできてれば、絶対みんなついてくる。そしたら、お客さんだってきっとついてきてくれる。“北風と太陽”の太陽だよ。太陽になんなきゃ。
    そうして自分で気付いて動ける人が増えていったら、大谷は、本当に強くなっていくよね。

“北風と太陽”の太陽になる。

━これから大谷でどんな風に働いていくか、イメージを持っていますか?

  • 難しいなあ…。

やりたいことをどんどん社長がやらせてくれた、ていうお話しがあったけれど、
 

今も、よし、あれやろう、社長に話しちゃおうとか…

  • その時に思う。ない?スイッチ入っちゃう時って(笑)やっちゃえって(笑)

あ、長期的にというより、ボンっと何か沸き上がってきて(笑)

  • 細かいことはね、いっぱいある。実務的なことでね。

現場を見ているから気付くことなんでしょうね。

  • 何の根拠もないよ。俺のカン(笑)。でも、社長や専務にも伝えてるよ。これからRE-BORNとかの施設をもっと充実させたらいいなって思うし。

運輸課はRE-BORNへの搬入も毎日ありますもんね。
 運輸課、そして運輸課の中の霜鳥さんということについては、どんなことを思っていますか。

  • そうだね。例えば、霜鳥に迷惑かけたくないから事故は起こさないって思ってもらえる位にこっちがしっかりしてれば、良い運輸課なんじゃないかなって思う。そういう、仲間から信頼される管理職がいないと。

先ずは管理職である自分達の質を上げていく。

  • そうそう。現場の人達のほとんどは、みんなもうちゃんとできてるもん。自分達管理職がちゃんとできてれば、絶対みんなついてくる。そしたら、お客さんだってきっとついてきてくれる。“北風と太陽”の太陽だよ。太陽になんなきゃ。
    そうして自分で気付いて動ける人が増えていったら、大谷は、本当に強くなっていくよね。

(*1)作業車を効率的に各収集現場に割り当てること。
(*2)粗大ごみなど不定期に発生した廃棄物の依頼を受けること。
(*3)業務部運輸課で、作業別に数人単位の班を作り、経験豊かなスタッフを班長に任命している。
(*4)日常の廃棄物を定期的に回収すること。